カジノをテーマにしたポップソング

音楽は日常生活で重要な役割を果たしています。家事をしながら聴くと捗る人もいるでしょうし、スポーツの試合前に集中力を維持するために聞く選手もいるでしょう。聴いた音楽にまつわる物語があり、その時の気分を変えてくれたりもします。人の好みは様々ですから、音楽業界には、数多くの選択肢があるのも当然ですよね。ポップやロック、ヒップホップ、レゲエ、ジャズからアニメソングやゲームソングまで幅広いジャンルがあります。

カジノがテーマのJポップ

Jポップでカジノやギャンブルをテーマにした音楽は、これまでなかったのではないでしょうか。しかしアニメのおかげで、日本の音楽にもギャンブルやカジノの音楽が登場しました。アニメのサウンドトラックは、番組のトーンやフィーリングを決定し、視聴者に伝える意味で重要です。そのため、アニメの主題歌のほとんどは、曲のテーマがその作品の意味するところと一致しているがゆえに、ロングヒットになるのです。例えば、学園ギャンブルストーリーの『賭ケグルイ』の主題歌などです。

  • Tia /『Deal with the devil』
  • そらる/『I Fake Me』

また、Gacktは日本におけるポーカーのイメージを変えたいと考えています。彼はポーカーが大好きで、ワールドポーカーツアー(WPT:World Poker Tour)のファンでもあるため、 WPT参加のためにロサンゼルスに行きました。

ポーカーは計算だけではなく、相手を研究する戦略的な認知スキルも必要です。日本ではまだポーカーが十分に受け入れられていないため、Gacktはポーカーに対する日本人の考え方を変えたいと考えています。ポーカーは単なるギャンブルと思われがちですが、彼はポーカーが戦略的で楽しいゲームであることをもっと知ってもらいたいと考えています。彼は体調を崩してしまい、現在活動休止中です。一刻も早く良くなって、また映画や歌に活躍する姿が見たいものです。

 

日本ではギャンブルの規制が徐々に緩和されてきていますが世界ではカジノは以前から親しまれており、音楽シーンでカジノを題材や背景素材にしたミュージシャンがたくさん存在します。

  • ケニー・ロジャース/『The Gambler』
  • トニ・ブラクストン/『You’re Makin’ Me High』
  • アウト・オブ・タッチ/『Uniting Nations』
  • ケイティ・ペリー/『Waking up in Vegas』
  • モーターヘッド/『ACE of Spades』

現在、ここ日本ではカジノを歓迎する動きがあり、徐々に合法化が進んでいます。そして皆さんもギャンブルでの体験を歌った曲を耳にする機会も、どんどん増えてくるでしょう!そうなれば、アーティストがカジノやギャンブルをテーマにした曲を作るようになるでしょうか?またそれが日本の音楽にどのような影響を与えるのでしょうか。日本の音楽はカジノに左右されるのでしょうか。将来的に当サイトではこのような内容を発信していきたいと考えています。

音楽は人の心や行動に影響を与えます。そして音楽がギャンブル行動に与える影響についての研究が行なわれています。また、音楽は人の気持ちや感情に影響を与え、刺激します。人の体と心を魅了し、喜びや悲しみ、さらには興奮をもたらします。私たちが自分自身やライフスタイルを向上させるために、社会のギャップを埋めてくれた音楽はモチベーションとインスピレーションを与えてくれます。多くのミュージシャンたちも、音楽を通して自らの経験を共有しています。結婚式、誕生日、その他祝賀会などで欠かせない音楽。それこそが社会に尊敬され、尊重されている所以なのです。